エルブリッサというゲームにおいてのリセマラの必要性について

近年、アプリゲームにおいてリセマラはつきものであるとされています。手間はかかりますが有料のガチャを引いてお目当てのキャラクターが出るまで出来る、というのはいいですよね。
しかし今回お話するエルブリッサというアプリゲームにおいてはリセマラという概念があまりありません。

そもそもリセマラとは「リセットマラソン」の略でアプリゲームごとの有料ガチャが引けるまで進めてガチャを引き、もしお目当てのものが出なければアプリをアンインストールしもう一度インストールすることによって新たにアプリを始め、もう一度有料ガチャが引けるまでゲームをプレイする、というのをお目当てのものが出るまで繰り返す事を指します。
しかしこのエルブリッサはグーグルプレイのアカウントにゲームデータが紐付けされてしまうため、アプリをアンインストールして再度インストールしたとしてもアプリ情報が新規にならず、アンインストールする前の情報が反映されてしまうのです。アプリを誤って削除してしまった場合や携帯引き継ぎなどの面倒な処理を行わなくても良いという点では利点といえますがリセマラを行うという面ではデメリットであるといえます。もしリセマラを行うのであればグーグルプレイ等のアカウントを複数所持する必要がありますがこれは効率的とは言えません。

しかしこのエルブリッサというゲームにおいてリセマラという制度はあまり意味がないといえます。通常のアプリゲームのリセマラの意味として「強い、もしくは効率的にゲームを勧められるキャラクター等を手に入れる為に行う」というものが挙げられますがこのエルブリッサに関してはどのキャラクターも最高ランクまでレベルアップが可能となっています。また装備でステータスを大幅に上昇させることもできますのでこのキャラクターが使える、といった事は一様にはあまり言えません。どちらかと言えば操作性能が自分に適したキャラクターを使用することが重要となってきますので多くのキャラクターを入手し、それぞれ使ってみることのほうが意味があると言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ